カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
DIE COMMUNICATIONS / My Risk, Our Returns CD
型番 Fixing A Hole, 2012
販売価格 1,296円
購入数

SKIMMER来日公演でのライブを持って残念ながら活動停止してしまった京都のサッド・エモーショナル・メロディックバンドKIRIEのメンバーによるニューバンドが早くも始動、そして7曲ミニアルバムをリリース!
KIRIEのギターボーカルだった松岡くんがギターボーカル、ドラムのコンくんがギター、京都のShort Story/Clock Systemよろしく胸キュンメロディックバンドPastwalkerでも活動する川又くんがドラムを務める4人組のDie Communications。通称"ダイコミ"。
後期はエモに傾倒していったKIRIEとはまた別の方向を向いているダイコミ、初期のKIRIEのようにメロディック寄りのサウンドになっています。これでもかとにドライビングしまくるギター、懐かしさを感じるようなメロディー、勢い満点のスピード感、そしてなんといっても目を閉じると曇り空しか浮かばない哀愁。I EXCUSEとかMinority Blues BandがSnuffy Smileのライブに出演しだした頃の衝撃がここにあります。
恐らく皆さんこの音源を初聴した時点ではそれほど心を揺さぶられないんじゃないかと思います。しかし何度も聴いてください。曲ごとに練り込まれた展開と曲間などの細かな部分。本人たちの意志とは関係無しに、前身バンドのKIRIEと比べられることになるであろうこのダイコミのサウンド。それに対して「俺たちはex.KIRIEじゃない。Die Comminucationsだ!」と言わんばかりの意気込みがこの音源には詰まっているんじゃないかと思っています。ちなみに勝手な想像ですけどね。違ったらごめんなさい(笑)
とりあえず4曲目の"Risk"のイントロを聴いただけで往年のSnuffy Smileファンは即死ですよ。I EXCUSEやないかい!
このバンド、まっだまのびしろがあると思います。名刺代わりの7曲入り音源。今後の活動が非常に楽しみです。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける