カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
FASHANU / Cassette Tapette TAPE
型番 Plan-It-X,2011
販売価格 580円
購入数

2009年リリースのミニアルバムで多数のメロディックパンクファンを虜にしたイギリスはダラムの3人組Fashanu。久々となる4曲入りのニュー音源が以前からメンバーと親交の深いPlan-It-Xから登場!カセットテープオンリーリリース。
相変わらずのテクニック一切無しの拙いハイエナジーメロディックパンクは心に最短距離で突き刺さってきます。Lattermanが引き合いに出されますが、その辺のただの真似っ子Lattermanフォロワーとは違い、彼らのオリジナリティーのほうが色濃くにじみ出ております。FashanuからLattermanを取ってもFashanuです。
前作からいい意味でやってることが変わっていないFashanuの至高の4曲。どれもこれも最高の一言に尽きますが、やはり注目すべきは3曲目"Bible Belt Pity Fuck"でしょう。PIGEONを彷彿とさせるフワっとしたドライビングギター炸裂でどこまでも突き抜けていくイントロでメロディックパンクファンは全員やられることは間違いないでしょう。1曲目"Dangling the Carrot of Parenthood"のエコーの使い方なんかはLIONSを思い出させてくれます。テープ音源ということを意識してか、1~2曲目、3〜4曲目の流れも見事に繋がっており、こういう姿勢にも胸を打たれます。
4曲じゃ正直足りません。でも個人的にはFashanuはまだアルバムをリリースして欲しくない。7インチでの3〜4曲、スプリットでの2曲などのリリースを連発して欲しい。なぜならアルバムとなると1曲1曲への思い入れがどうしても薄くなってしまうから。Fashanuが好きすぎる故、1曲1曲を全力で聴き倒したい。そして期が熟したころにアルバムをLPでひょっこりリリースして欲しい。そう、Worthwhile wayと同じである。
とにもかくにも2011年ベスト音源内定です。大傑作!!プロコピー仕様、MP3ダウンロードコード付き。

--Fashanu--
イギリスはダラム州の3人組。"Fashanu"というバンド名の由来はイギリスで初めてゲイをカミングアウトしたフットボールプレーヤーであるJustin Fashanuから。2011年6月~7月にかけてONSINDとImperial Canと共に行ったUSツアーの触れ込みは「Latterman、アーセナルFCファンに。」であった。
Ba/VoのJ.C.は先日お話したとおりDiscount Horse Recordsオーナーでもあります。メガネをかけていることから自らのことを"Glasses"と呼ぶこともあります。ちなみにJ.C.はDiscount Horse Recordsについて「はじめは僕はレーベルなんてやるつもりはなかったんだ。でもUSのDIY Banditsってレーベルと取引した時に、彼らがディストロ用にと大量のCD・レコードを送ってきたんだ。レーベルなんてやるつもりは本当になかった。でも気がつけば目の前に大量の段ボールが積み上げられたんだ。そうなると、最善の方法はレーベルを始めることだったんだ。これはちょっとした事故だよ。」と語っている。
Gu/VoのGaryは以前はSpeeding Beeというパンク・スカバンドで活動。Fashanuとのサウンド面での関連性は大きくはないものの、当時から既にメロディーの素晴しさは確立されており、現在のFashanuに多大な影響を与えていることは確かである。
http://www.myspace.com/speedingbee


DrのKateちゃん。彼女は以前Protoheroというパンクロックバンドに在籍。そこでも揺るぎないナイスセクシードラミングを見せてくれている。
http://www.myspace.com/protohero
以下がProtoheroのライブ映像。タグに"sexy"と入ってることから、2007年時点でKateちゃんは既にかわいこちゃんドラムとして人々に認識されていたことが伺える。


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
この商品を買った人はこんな商品も買っています