カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
MANIX / Neighborhood Wildlife LP
型番 It's Alive,2011
販売価格 1,080円
購入数

Heart of the Lakesからの1stフルレングス、Whoa Ohからの7インチ(のちにMoonquakeからCDで再発)、Kiss Of DeathからArms Aloftとのスプリット7インチとリリースを重ねてきたミネアポリスの4人組MANIX。
遂に遂に待ち望んでいた2ndフルレングスがIt's Aliveより満を持してリリース!
Banner PilotのメンバーでもあるギターボーカルCorey、Nato Coles &The Blue Diamond Bandでもドラムを務めるMike Cranberryが在籍、Dillinger Four, Dear Lanlord, Banner Pilot, Off With Their Heads, Slow Death, Soviettes, Gateway Districtなど数々の素晴らしいバンドが存在し、みんなが仲良しのミネアポリスにおいて着々と腕を磨いてきたManixが解き放つパワー溢れた1枚、全12曲入り。
初めて聴いた時、瞬時に感じた気持ちは「ついにこのレベルのアルバムが出たか!」。歴史的大名盤であるDear Landlordの"Dream Homes"。リリースされた後は他のバンドのレビューにDear Landlordの名前がしばしば書き連ねられ、世界中でそのフォロワーもたくさん生み出しました。しかしそれの全てはDeal Landlordと比べてしまうと見劣りしてしまうものでした。しかしこのMANIXはその歴史的アルバムと肩を並べたのです。超えるなんて大それたことは言いません。超えるのは飛信隊の信隊長だけで十分です。
哀愁+キャッチーなメロディーを片手に、溢れんばかりの勢いを全て解放することなく押し殺しながらぶち飛ばす、まさに現代のハイブリッドメロディックパンクの完成系。前述のDillinger Four, Dear Lanlord, Banner Pilot, Off With Their Heads, Slow Deathのミネアポリス軍団、そしてDopaminesなどのファンでMANIXが嫌いな人がいるはずがありません。2011年ラストに滑り込んだ大傑作!
・500枚プレス、うち300枚の黒ビニール盤です。
※ジャケット端に若干ダメージがあります。ご了承ください

01 - Fingers Crossed
02 - Where Do We Go?
03 - What's Myage Again?
04 - Quite Wry Anger
05 - Another Message
06 - Midwest In Jest
07 - Red Truck
08 - Hamms Across America
09 - Greatest Thieves
10 - Loose Brick
11 - She Believes In Jesus And Marketing
12 - This Old House

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
この商品を買った人はこんな商品も買っています