カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
アルカシルカ / 不条理不協和音 CD+BOOK
型番 自主, 2019
販売価格 2,916円
購入数

沖縄を拠点に活動するALKASILKA(アルカシルカ)
先日ツイッターには書いていたのですが、下地さん(DiSGUSTEENS, Suspended Girls, Killerpass, Worthwhile Way)に先日広島で会った時に
「最近なんかいいバンドいました?」と聞いて、教えてもらったのがこのアルカシルカ。
その時ケータイのメモ欄に「アルカシルカ」と書いておいて、忘れていて、
ある日思い出してYoutubeで「怒りの唄」を聴いて、一発KO。
即、音源をサーチして前作であるアートワークスとTシャツをオーダーしたのでした。
アートワークスに詰め込まれた最高の曲の数々と、アルカシルカの考え方に、既に一発KOされているのに加えて、さらにオーバーキルされました。
そして間髪入れずにアルバムがリリースされるとの情報。
アルカシルカをそんな絶好のタイミングで知れたことは運命だとしか思えません。

3月に先行予約がはじまった今作。
予約が始まってすぐにオーダーしようとしたらウェブショップの不具合(設定ミスぽい)でオーダーが出来ませんでした。
しかしそんなことで諦める私ではありません。
即アルカシルカにメールして、不具合を直してもらい、光の速さでオーダー完了。
そのついでに、入荷のお話もさせてもらい、今回の入荷と相成りました。

届く前からもう最最高傑作であることは確信していましたが、届いた瞬間から最高傑作でした。
梱包すらも愛とこだわりに溢れたその荷姿に感動。感激。
ここまで人の気持ちを高ぶらせるバンドが今まで居たでしょうか。

サウンドは以前から話しているように、Grumpies meets 90’sユーロポップパンクでありつつ、イタリアのKlashnikovにも共通項のあるノスタルジックでトラディショナルなフォーク。もう言葉じゃ説明できません。ありとあらゆるものがごちゃ混ぜになって混沌としているにもかかわらず、胸をギューっと締め付けるようなサウンド。全40曲収録。
そして今作は70ページにも及ぶ本にCDが付属しているという仕様。随所にこだわりが散りばめられている、いや、こだわりしかない仕様。
本には全曲の紹介文が書かれており、それがアルカシルカの着飾らないそのままの言葉で殴りかかってきます。

アルカシルカの断固とした想いが存在しているにも関わらず、その思想の押しつけがましさが一切無く、読むものに考えるきっかけを与えてくれる。
それは相手のことを想う優しさであり、それが人を傷つけないことを知っている。
ボーカルのユウ氏はまだ年齢は若いはずなのに、ここまでの境地に辿り着けているのは心の底から尊敬します。彼の今までの経験から生まれてくるであろうその優しさと愛に溢れたクリエイティブな考え方に嫉妬なんて微塵も感じません。人としての厚みが、自分自身と比べるなどおこがましく感じます。

今作は発売日の4/24に無料ダウンロード、サブスクでも全曲聴けるようになります。
今作を買えない人、気にはなるけど買ってまでは、という方はぜひ発売日以降に音源だけでも聴いてください。
彼らの現時点の全てをつぎ込んだ渾身の作品、手に取ったらより一層アルカシルカの事がわかるかと思います。
発売日にはいろんなところに並ぶと思います。Amazonでも買えます。
それでも、SPレコーズで買ってくださる方が居れば、それはそれは嬉しいのでぜひお願いします。

天才アルカシルカ、2019年ベスト作。
2019年どころか人生においてもベスト作。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける