カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
Cimane / looking at arch (of my foot) CD
型番 Being Young, 2019
販売価格 1,080円
購入数

ある日、一通のメールが。Being Youngのレーベルオーナーから。

Cimaneという音源をリリースする。
Cimaneというバンド名は東京スーパースターズの曲名と、メンバーの1名の故郷である島根県からとっている。
レーベルオーナーさんがSPレコーズの取り扱いレーベルや音源が好きだから思い立って連絡した。
島根のthe spooksと仲が良い。
彼らが生まれた土地でCDが取り扱わることになれば、とてもうれしい。

極少レーベル、メールオーダーでもやっていると、音源リリースや取り扱い希望のインフォメールは結構来ます。
もちろん全部目は通しますが、コピペオンリーのメールだと放置したりしてしまいます。
今回はしっかりとSPレコーズの事を知ってくれているコメント、そして最後のコメントに心を揺さぶられ、しっかりと試聴。
そしたらめちゃくちゃいい!!
ということで入荷と相成りました。

京都のニューカマー4人組Cimaneの4曲入り音源。
by the end of summerのメンバーも在籍。

(私の私見によると)数年に1回、大きな盛り上がりの波が来る京都において、今がその時期なのでしょう。
今現在のインディーロック?オルタナティブロックの流れを見事にくみ取り、優しく丁寧に歌われる限りなく青色の透明感溢れるサウンド。うおー!と盛り上がる部分は無いですが、気が付けば何周も何周も聴いてしまうやつです。
今作、4曲入りということもあって、何回も聴くと1曲ずつへの想いがどんどん大きくなってきます。
最近でいうと、folksが気に入った方はぜひ聴いてください。

これは話題沸騰、間違い無しでしょう。
もちろんいろんな方に聴いて欲しいですが、ぜひ島根の方に聴いて欲しいです。

だけん、島根県民からのオーダーまっちょりますけんね。


以下、レーベルインフォ。

終わっていく季節と待ち焦がれる季節。Cimaneの音楽は一瞬を切り取り続けていると思います。Cimane=クボくんと太一、きのりくの3人とサポートのドラムの方をその時々に入れながら、京都を中心に活動している4人組です。
自主企画等の積極的なアプローチは少ないですが、音源が発表されるたびにパンクやハードコア、オルタナティブ等、幅広い趣向を持つバンドマンの方々やお客さんに確実にインパクトを残し続けてきたと思います。

京都という土壌が生むギターオルタナティブの地脈をしっかりと受け入れつつも、「らしさ」に決して捉われない曲のアプローチは、なかなかできないこと。今回の音源に入っている音源は、前作CDRで感じさせた焦燥感に加えて、今を達観視しているような不思議な感覚も感じることができます。

学校や会社への自転車、徒歩、バス、電車。帰り道もそう。どこかへ向かう途中はいつだって一人で、悲しい。なぜだかはわからない。
自問自答を続ける僕らに、いつだって寄り添ってくれる新しい音楽だと思います。


立ち止まるためじゃなく、ゆっくりでも進み続けるために。
僕らのライフミュージック。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける