カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
OUT OF MID CITY / My Boom CD
型番 South Sunday,
販売価格 1,000円
購入数

1996年から岐阜は大垣Cityで活動をしている3人組アウトミことOUT OF MID CITY。NOBODYSのマコさんのレーベルよりリリースされており古くはJelly BellyやPenetratesも参加しており、Hip Cat's Recsから奇跡の第4弾もリリースされた名作オムニバスシリーズ"Sunnu Hpoliday"の第3弾へもButter Dog, See Her Tonightと一緒に参加もしており、また福井のJapanese Recess Sytleポンコツメロディックの先駆者STUPID PLOTSともsplit CDもリリースしていたアウトミ。2000年にリリースされた1stフルレングスに続いてリリースされた7曲入り2ndミニアルバム。

比較的流通していた1stアルバムと違い、あまりしっかりと流通していなかったようで、その流通具合は"out of mid city" "my boom"で検索してみてそのヒット数を見てもらえれば一目瞭然です(笑)1曲目"knock Down Me"ではしっとりとしたサウンドで方向転換したのか?と思わせながら、2曲目"I Don't Know"では相変わらずのダークネスメロディック全開でにんまり。特にこの作品からはギターサウンドが前面に出てきており、その唸りまくるギターワークがさらに北欧的要素をアップさせてくれております。このミニアルバム、5〜7曲目の流れが本当に神懸り的。当時何度聴いたかわかりません。5曲目の"Warning"は哀愁漂うメロディーを炸裂させてくれる曲。2分弱の曲ですが十分泣けます。そして続くは伝説の原田知世のシンシアのカバー!!これがとんでもありません。原曲の透明感溢れ儚さを残しながら完全にメロディックパンクに変えてしまっているそのセンスに脱帽です。リリース当時気が狂ったように聴いていたことを久々に聴いたことで走馬灯のように思い出し、最近はバイクに乗りながら歌っている曲は専らこのシンシアです。何度聴いても飽きません。最高!そして最後を飾るのは"Reach & Start"。アウトミ史上最高ともいえる哀愁メロディーを最後に遺憾なく発揮。悲しすぎるギターだけで涙が出ます。メロディックパンクが好きな人ならこの5〜7曲目の流れは絶対気に入ってもらえるかと。

10年ほど前の音源といえ、全く色褪せておらず、今になって聴くからこそまた新鮮でもあり。そしてやっぱりアウトミは素晴らしいバンドだったんだなと再認識。この自分のレビューに何かを感じてもらえたなら是非手に取ってもらいたく思います。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける