カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
the sleeping aides and razorblades / Parallax View 10"+CD
型番 Eager Beaver, 2018
販売価格 1,728円
購入数

札幌のみんな大好きthe sleeping aides and razorblades(以下スリーピング)のKiliKiliVillaからの7インチに続くリリースはDebauch Moodからの5曲入り10インチ。今までCD、テープ、7インチ、ソノシート、12インチとリリースしてきた彼らの、基本フォーマット制覇を飾るリリース。

もう内容はいいでしょう。いつものスリーピングをスリーピングのままさらっと超える素晴らしい内容。リリースごとに最新リリースが最高傑作になるスリーピング。現時点で、今作が彼らの最高傑作です。

毎回スリーピングに関してクソ長いレビューを書いてきたSPレコーズ、そのレビューだけを生きがいに日々を生活している人も数知れず(自意識過剰)。
しかし、今回もクソ長いレビュー書いても、もう何もそこに今まで以上の感動はないのです。「今回もいっぱい書いているなぁ」と思うだけ、3日3晩、熟考に熟考を重ねて紡がれた私のレビューは、細部まで読まれることはなく、ただただ、みんなの目の前を通り過ぎていくだけ。

「このままじゃダメだ...」
「みんなの予想の斜め前を行かないと...」
「考えるんだ...」

ということで、今回は彼らが今作のリリースに際して公開した、2つのPVについてのレビューを書きます笑

"Out OF Reach"
bachelor recordsやBitersのステッカーに交じってMosoMosoのステッカーの貼られたラジカセ(National勢)から始まる今作。
マクドナルドにいたアキトチはハンバーガーを貪りながら電話。これが電話がかかってきたのか、自分から電話をかけたのかは不明。iPhone(8S)の画面はLINEのトーク画面になっていたので、電話をしていたとは思えないのだが、そこは目をつぶろうではないか。
ゲームセンターでスト2をしていたオクシタくんに電話がかかってくる。電話の主はアキトチ。名前の登録は「あきとち」になっている。
そしてウッド調の部屋に居る白浜君にも電話がかかってくる。電話の主はアキトチ。名前の登録は「あきとちみさ」。ここが第一の山場。白浜君、完全に笑っちゃッてるでしょ、これ!笑
一時停止を繰り返し、画面を拡大し、電話に表示される名前を確認してこのPVレビューを書いているわけですが、これは精査で追求に追求を重ねたレビューを書くための調査であるという事をご理解ください。いや、マジでストーカーみたいに思われたら困るので笑
そして3人は集まり、囚われているであろう森君を助け出すための道具を調達、車に乗り込み、森君を救出へ。無事に森君を助け出して逃走、と思いきや、森君は立ち止り、タバコに火を付ける。ん...?と思った矢先、森君はメガネをサングラスに替え(夜なのに)、外国人マフィア(ラスボス)に変身。拳銃を出し、武器で立ち向かうメンバーを次々に仕留めていく森君。アキトチと白浜君がやられ、残るはオクシタ君。ナイフが非常に似合ういで立ちのオクシタくん、出来る事なら、一度ナイフの刃をペロッとなめて欲しかった笑
そんなオクシタ君も善戦虚しく瞬殺。最後は森君が拳銃を自らのこめかみに付きつけ、自らを撃ち、スリーピングは全滅してしまったのでした。

"Last Night on Earth"
出だしから雪の中でスーツに身を包んだ志村けん...誰だこれは...答えは後ほど。怪しい音楽からスタートしますが、これはこの曲名である"Last Night on Earth"というゾンビのはこびる世界を舞台にしたボードゲームインスパイアである所以でしょう。
舞台は札幌のライブハウスPISTY(以下ピグ)。ピグのトイレにある棺桶から出てくる白浜君。2年前の夏に札幌に遊びに行った時にピグでFELIX!(THE BAND)と企画をしたので、トイレにこれあったー!と思い出しました笑
もうこのPVは札幌オールスターズ!!!曲者揃いの札幌のみんなが矢継ぎ早に出演します。もう、それがめちゃくちゃ楽しいのなんの笑
札幌には一度しか行ったことないのに、その時に会って話した人、ほとんど覚えてますからね笑
どんなけ曲者揃いやねん!
1分3秒。先ほどのオールバック志村けんが白浜君である事が発覚します。オールバック似合うなぁ。そして、余計志村感出てる!笑
1分17秒。ここでは何と言ってもSP RECORDSからリリースされたTHE CRY!の1stアルバムアナログ盤でしょう。VANDALSと一緒に並んでいます。
それと同時にシン君の演技力がめちゃくちゃヤバい。いい味出過ぎで、ほんと役者なれると思います。ポテンシャル高過ぎ!そんな彼は現在のFELIX!(THE BAND)のドラマーです。途中で白浜君がツバサくんに入れ替わるのもヤバい。
どこから知ってる人知らない人見たことある人が入れ替わり立ち替わり、そして札幌の最後の砦ボリ君が雪の中裸になってゴリラの咆哮。
最後は彼らが大好きな宇宙をモチーフにしたスタートレックで締め。

ここまで楽しいPV、ほんと久々です。スリーピング、最高!!!




この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける