カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
2 SICK WORRY / Demo CDR
型番 自主, 2017
販売価格 100円
購入数

※OPP袋&不織布スタイル
※ステッカー付き

Plum,Urban Sleep Discsの酒井氏、ffeeco womanのミツイシ氏、The Weddings, May recordsのダイナマイト市川市、Imakinn Recordsのイマキン氏という曲者4人組が集まったバンド2 SICK WORRY(ツーシックウォーリー)結成から結構経っていると思いますが、待望のデモ音源がやっとこさリリース!3曲入り。
over head kick girlの2ndでも音源を彷彿とさせる酒井君のアートワークで聴く前から名盤確定。
おっさん4人組から奏でられているとは思えない青く切ないハートブレイク弱虫ポシャメロディックパンクの真骨頂。フロント3人の絡み付くようなボーカルと好き勝手つんのめって走る様を、後ろで冷静に見ながらコントロールするドラム。本当に好きな音楽をやっているなぁ、とこちらも嬉しくなってしまいます。BABY LITTLE TABLETSを見ているかのような。
PIGEONとZERO FASTとNAVELを一緒に炒めて出来たをゴミ箱に投げ捨てて、スーパーで買ってきたWALKERを乗せて食卓に出してきたようなサウンド。レコード化テープで聴いているような音質も彼ららしい。1曲2分のみたない潔さもベリーグッド。非の打ち所がありません。本当にこういうのが大好物です。
酒井君特有のフレーズが胸に刺さりまくる。掻き毟られる。いくら強固に守っているように見せていても、丸裸にされてしまう。
個人的に、酒井君は人類史上でも類まれなる天才でありカリスマと思っています。レビューを書くと短く端的な言葉でその魅力を見事なまでに表現するその語彙力と読んでいるものを引き込む文章の構築スキル、コレクターとしては自分の力でとことん掘り下げ前人未到の世界にまで辿り着くその情熱、そしてMXSが好き過ぎてアルゼンチンに国際電話をかけるというその行動力、バンドマンとしてはブルーメロディックパンクと彼が日本で一番のファンであろう敬愛するNAVELなど彼が今まで聴いてきた音楽のインプットからのアウトプット、一見して彼が書いたとわかるその温かみと切なさの同居した絵心、趣味の釣りへの追及心、リスナーとしてもライブで見ると最前線でめちゃくちゃ楽しそうな顔で実際楽しんでるその無邪気さ、誰からも愛されるそのキャラクター、むやみやたらに人を傷つけないその隠れた優しさと、好きなことに対しての瞬発力と追求を惜しまない姿勢。魅力的過ぎますよ。ちなみに、自分は酒井君とそこまで深くのお付き合いはありませんので7割妄想です。多分、自分が女性だったら酒井君の事を好きになっていると思います。根無し草の彼を縛り付けることは彼の良さをなくしてしまうことになるので、彼が帰って来た時に安心できる居場所を、彼を信じて待ち続ける。そして彼が帰ってきた時に何も変わらないいつものように「おかえりなさい」とありったけの笑顔で迎える。寂しかったのは当たり前。そんな素振りはわざわざ見せなくていい。全て、彼はわかってくれているから。
さて、読み返すとかなりヤバくてキモいカミングアウトみたいになっていますが、実際にここ数日2SWを聴き続けて思っていたことです。
2SW、アルバムではなくこういうリリースをマイペースに連発して欲しいなと思います。数曲をずっと聴き続けて1曲ずつに思い入れをつぎ込みたいです。一生解散しないでずっと続けて欲しいバンド、2SW。一生追いかけます。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける