カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
STARVINGMAN / My Demo ep TAPE
型番 I Hate Smoke, 2015
販売価格 864円
購入数

SORRY FOR A FROGのマーティーさんが新たにスタートさせたニューバンド"スタービングマン"のデビュー作となる7曲入りテープがI HATE SMOKE TAPESからリリース。この後にリリースされたアルバムと一切カブリ曲なしです。
パンクロックの神様のプレゼントであるマーティーさんの歌声でジャパニーズパンクロックと随所に散りばめられたメロディックファンが反応せざるを得ないオカズと共に最初から最後までノンストップで突っ走ります。このリリースの後に神曲「SAYONARISM」が生まれたと思うと感慨深くなります。グレイト!
MP3ダウンロードコード付き。

2015年初頭素晴らしいニューカマーパンクパンドが登場した。

マーティーは独り旅に出た。旅とは孤独と向き合う事であり、孤独では無い旅など、ただのバカンスだと己に言い聞かせた。
彼が人知れず独り延々と歩き続けた3年、その道程で彼は様々な光景を目撃した。言いたい事は山積し、そして孤独の果てに、彼は遂に誰でもない自分自身のメロディーを紡ぎ出したのである。
そして彼等は出会いSTARVINGMANは誕生した。

そして2015年の今。彼等はFBIやCIA、首相官邸も手が付けられない程、とんでもなく怒っている。パンクにとって怒りは重要な要素である。そして怒りにとって重要なことは瞬発力だ。我々は怒る事に臆病になり、つい怒る事を怠ってしまう。
しかし彼等はサボらない。超怒る。
彼等の怒りはメロディを加速させた。その結果、感性は研ぎ澄まされ、とことんプリミティブになり駆け抜けまくった。結果7曲をたった10分で疾走してしまった。そのBPMでは測れない疾走感はドーピングを使用したベン・ジョンソンをも遥かに凌駕していた。
しかし、この体験がたった10分とは全くない思えない程にマーティー特有のメロディーも言葉もコンプレッサーで極限まで押しつぶし、詰め込まれているのである。
まるでSNUFFのレコードを78回転で再生させたトラックをサンプリングした忌野清志郎率いるTIMERSが替え歌をダビングした様でもあり、「もう ツービート以外興味ないぜ」と開き直ったDillinger Fourが日本語で我々に直接訴えかけて来ているかの様な感覚にすら陥る。果たしてアイリッシュなのか、それとも盆踊りなのか?っと答えが見出せない SOUL FLOWER UNIONを激パンク感させたトラディショナルダンスナンバーまで飛び出してくる。

しかしそれは滅多矢鱈につまみ食いした借り物のサウンドを拝借したのでは無く、彼等自身が完全に支配出来る言葉とメロディを厳選したものであると一聴して分かるであろう。

そして歌詞カードを読んで、更に世界は奥行きを広げていく。そして我々は気付く。
この怒りの根源にある感情は、彼の最大級の優しさであり、そしてその優しさの先に見たものは、無関心の対義語であると。

これ程にメロディックであり、ハードコアでもあり、そして何よりパンクであるバンドの登場をずっと待ちわびていた。

しかし、これは決して穏やかなカムバック劇などではない。
この音源は彼等の旅の記録と、決して休むこと無く闘い続けた証明であり、そして戦い続ける為の、旅に出続ける為の理由である。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける