カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
KILLERPASS / まわりたくなんかない TAPE
型番 Kilikilivilla, 2015
販売価格 1,620円
購入数

・限定カセット盤
・MP3ダウンロードコード付き

愛知のKillerpassの待っていましたのフルレングスアルバムはKilikilivillaから。
真ん中に6段階ギアと差う度に折りたたみかごが付いている自転車で坂道をどれだけ早く下れるかを競ったり、網を片手にザリガニ捕りをしていて私有地に入っておじいちゃんに怒られたり、駄菓子屋で10円のふたに当たりが付いていてタトゥーシール付きで何で出来ているかよくわからない小さな丸いラムネみたいなお菓子を買いあさったり、親の財布から500円くすねて全て1枚20円のカードダスにつぎ込んだり、ごくうがスーパーサイヤ人になった時のワクワク感や、セミのぬけがらを山ほど拾い集めたり、田んぼに沸いているカブトエビを意味もなく採集しまくったり、というような思い出が押し寄せ、エロ本を見て「なんか変な気持になる!」とか友達を言い合っているような陰毛無しの精通前チェリーポップパンク。ショートチューンなしの16曲、曲数は多く感じますが、長さは感じさせない短小ポップパンク。
6曲目の「板橋てーん!」という空耳シャウトは元板橋区民としてテンションが上がります。
Pissed Spitzelsの1st7インチを買ってジャケットを見てから初めて聴いた時のような溜息とガッツポーズが入り乱れる高揚感。ドイツやスペインの90'sポップパンクの雰囲気を醸し出している日本目線での母国語ポップパンクは他の追随を許しません。追随と言っても1人で突き進んでいるので後ろには誰もいませんけど。参加した時点で優勝です。
初めてこのバンドを聴いて「これは最高だ!」と感じる人はそう多くないと思います。この音源はクラスに一人はいるであろうバカで目立ちたがり屋のお調子者です。それをまじめな学級委員の女の子は「あいつ、ほんとうるさくて、バカで、ウザくて、キライ」と思っているのですが、1学期が終わり、夏休みが過ぎて2学期になるとなんだか気になる存在になっていて私がいないとこいつはダメだとか感じちゃって、3学期になればバレンタインデーに「ん。これ。ぎ、義理チョコだからねっ!」と言ってチョコを渡しちゃってるような感じですよ。まじめな人ほどKillerpassに恋に落ちてしまう気がします。だからまじめな私はKillerpassに恋に落ちてしまったのですね。わかりました。
初めは戸惑う方も多いと思います。その中で、どれだけの人が中毒症状のように何度も聴くことになるのか、私にはわかりません。しかし、Killerpassの真っ直ぐで純真なポップパンクサウンドの泥沼にズブズブと嵌って抜け出せなくなる人が一人でも増えればと思います。その時は、いつでもお声掛けください。泥沼にもっとハマっていくお手伝いを手取とり足とりさせていただきます。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける