カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


メルマガ登録・解除はこちら
ALL ITEMS
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

1,650円

サッドメロディック飛沫の嵐を巻き起こし、びしょ濡れ感染者を激増させ、社会問題になっているSLUGGER MACHINEの1stフルレングス。レビューいっぱい書きました。関係ないことを。

2,780円

SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2013年作。 (SPレコーズ的に)最高傑作の名高い今作、なんといっても"Misanthropic Drunken Loner"でしょう。もちろん"Misanthropic Drunken Loner"は最強ですが、全編通して、全部最強です。 人生ベスト10にも余裕で食い込んでくる大名作。 是非フィジカルでどうぞ。

2,780円

SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2017年作。 2017年にAll We've Got Recordsからリリースされ廃盤となっていた今作が 2021年にFlail Recordsから超待望の再発!待ってた、待ってたよ!!!!

2,780円

SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2020年作。 2020年、まさかのFAT WRECKに移籍しリリースされた現時点での最新アルバム。 FATに行ったからと言って何も変わる事もなく、何も変わらない最高のDNDサウンド。 大名作アルバム"Rogue Taxidermy"に収録の大名曲"Goodbye Lulu"の続編(?)である"Goodbye Lulu Pt.2"がアルバムラストに収録されているのも胸熱案件。

2,780円

SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZEの2013年作。 2020年にUSのFlail Recordsからアナログ再発されたもの。

1,480円

Andrew PaleyのCarolineという曲をDNDがカバーして一緒にスプリットとしてリリースされている作品。コンセプトも良くわからなくて無視していましたが、一度聞いたらヤバ過ぎて7インチオーダーしていました。この曲のためにこの7インチを持っておいても何の問題んも無し。ガチオシャゲキヤバ曲

1,180円

カセットテープ。SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZEの2013年作。 2020年にUSのFlail Recordsからアナログ再発されたもの。こちらはひっそりと出ていたカセットテープ。

1,180円

CD盤。SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2017年作。 2017年にAll We've Got Recordsからリリースされ廃盤となっていた今作が 2021年にFlail Recordsから超待望の再発!待ってた、待ってたよ!!!!

1,000円

3曲(+スキット2曲)のCDと40ページのZINE付属の新作。 そこにあるのは、いい意味で何も変わらない私の大好きなアルカシルカ。 何も変わらないと言っても本質的なところは変わっていなくても、目に見える部分は変わっているところもあります。今作も紛れもないアルカシルカの素晴らしい作品。 楽曲、歌詞、読み物、アートワーク、質感。 全てでアルカシルカを感じましょう。

1,320円

日本ではもうお馴染みインドネシアのPOP PUNKキングSATURDAY NIGHT KARAOKE(以下SNK) 活動歴は10年くらいになる彼らが遂に初のアナログ作品をリリース! Bloated Kat(US)、Monster Zero(Europe)、Quickening(Indonesia)、Waterslide&SP(Japan)という胸熱な共同リリース作品。

1,320円

ひと昔前はコンピレーションアルバムというのは新しいバンドを見つけるために必要不可欠なものでした。 私自身、コンピレーションアルバムへの情熱が薄らいでいた昨今、これはいい!!と思えるコンピレーションアルバムに出逢った2021年夏。

1,650円

みんな大好きPiGGiESが3人になっての初単独作品が遂にリリース! 今作よりバンド初となるドラムのあっちゃん作曲の曲が収録されており、新しくも変わらないいつも最高なピギーズがここに。 ピギーズらしい、曲ごとに表情が変わりつつも根っこは変わらない珠玉の6曲入り。 この作品がEPなのかシングルなのかミニアルバムなのか、 そんなこと心からどうでもよくなる大名作。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... |
前のページ | 次のページ