カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


メルマガ登録・解除はこちら
新入荷 / 再入荷
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

1,650円

※予約販売 ※特典付き みんな大好きPiGGiESが3人になっての初単独作品が遂にリリース! 今作よりバンド初となるドラムのあっちゃん作曲の曲が収録されており、新しくも変わらないいつも最高なピギーズがここに。 ピギーズらしい、曲ごとに表情が変わりつつも根っこは変わらない珠玉の6曲入り。 この作品がEPなのかシングルなのかミニアルバムなのか、 そんなこと心からどうでもよくなる大名作。

Sorry,Sold Out!!

1990年にSt. Valentine RecordsからリリースされたBEATNIK TERMITESのデビュー音源が2021年なんとなんとの再発!!これは後先考えずに手に入る時が手に入れ時です。お見逃しなく。

4,180円

私的にはKlamydiaのスタジオアルバムで一番好きで一番聴いている大名作2ndが超豪華仕様で再発リリース!手に取った人だけがわかる重量感と存在感、そしてありったけ詰め込まれたKlamydia愛。最高!

1,980円

CD盤。みんな大好きKLAMYDIAの大名作2ndアルバム。 1991年にStupido Twinsからリリースされていましたが、 いつの間にかKRAKLUNDからジャケットを新たに再発されていた模様です。個人的に一番好きで一番聴いている1枚。全部大好き。大名盤。

Sorry,Sold Out!!

ここ日本でも一部のマニアにカルト的人気を誇る1980年代後半から活動を続けるベテランPOP PUNKバンド、Klamydia。 1995年にKraklund RecordsからCDでリリースされていたシングルコンピ集"Lahjattomat”が リリースから25周年を機に何と2枚組アナログ盤でリイシュー!

3,780円

ここ日本でも一部のマニアにカルト的人気を誇る1980年代後半から活動を続けるベテランPOP PUNKバンド、Klamydia。 1995年にKraklund RecordsからCDでリリースされていたシングルコンピ集"Lahjattomat”が リリースから25周年を機に何と2枚組アナログ盤でリイシュー!

1,100円

試聴もなし、事前情報も無しで購入した久々の純粋な「ジャケ買い」で購入したNORTHWESTの自主リリース7インチ。毒寿司〜VAINFISTのメンバー在籍。まさにショボPOWER POPな塩梅で最高!これこれ〜!!

2,780円

カセットテープ。SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2013年作。 (SPレコーズ的に)最高傑作の名高い今作、なんといっても"Misanthropic Drunken Loner"でしょう。もちろん"Misanthropic Drunken Loner"は最強ですが、全編通して、全部最強です。 人生ベスト10にも余裕で食い込んでくる大名作。 是非フィジカルでどうぞ。

Sorry,Sold Out!!

カセットテープ。SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2013年作。 (SPレコーズ的に)最高傑作の名高い今作、なんといっても"Misanthropic Drunken Loner"でしょう。もちろん"Misanthropic Drunken Loner"は最強ですが、全編通して、全部最強です。 人生ベスト10にも余裕で食い込んでくる大名作。 是非フィジカルでどうぞ。

2,780円

SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2020年作。 2020年、まさかのFAT WRECKに移籍しリリースされた現時点での最新アルバム。 FATに行ったからと言って何も変わる事もなく、何も変わらない最高のDNDサウンド。 大名作アルバム"Rogue Taxidermy"に収録の大名曲"Goodbye Lulu"の続編(?)である"Goodbye Lulu Pt.2"がアルバムラストに収録されているのも胸熱案件。

2,780円

SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZEの2013年作。 2020年にUSのFlail Recordsからアナログ再発されたもの。

3,500円

NOT WONKの4thアルバム"dimen"のアナログ盤。 内容はもう言うことはないでしょう。 リリースを重ねるごとにNOT WONK界連続最高傑作記録を更新し続ける彼らの通過点の一つ。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... |
前のページ | 次のページ