カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
<< WATERSLIDE RECORDS >>
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

1,800円

ガールポップパンクファン、ガールポップファン、ギタポファン、SHOCK TREATMENT以降のヨーロッパPOP PUNKファンの方は絶対気に入るはず。正直、このリリースは奇跡!

1,600円

2017年の来日ツアーの記憶も新しいスペインのグレイトメロディックバンドWild Animalsの待望の2ndアルバム。マジで激烈名盤。2018年度ベストリリース、早くも確定です。

1,200円

WATERSLIDEのMUTANT POP SHORT-RUN CD seriesオマージュシリーズ、第4弾! この音源に関してはWATERSLIDEのレビューがあまりに秀逸過ぎて、超えるものを書ける気が一切しないので、そのまま転載させていただきます。

1,800円

Pop Punk is not Dead!! 数年前からずっと出る出ると言われていたサスペンのフルレングスアルバムが遂に遂にリリース! リリースはナオキッズ、下地さん、那須さんとも親交の深いおにぎり社長率いるWATERSLIDEから、ということで、3人ではなく4人のおっさんポップパンクフリークによるリリースですね。

1,500円

みんな大好き大阪が誇るベテランサーフポップパンクバンドWIMPY'S。2002年に1+2からリリースされ長らく廃盤となっていた1stフルレングスアルバムが、16年の時を経てついについに再発リリース!

1,800円

WATERSLIDEがCD盤を300枚限定でリリース!やったね! しかも2ndアルバムにHoseheadから2015年リリースのYou've Got A Hold On Me 7"、La-Ti-Daから2016年リリースのTogether Again 7"の収録曲も全曲まるっとボーナストラックで収録の全18曲入り!

1,600円

2010年代最大の事件、MARBLE再発。想いは全てレビューに書きました。

1,000円

WATERSLIDE MUTANT POPオマージュシリーズの第4弾は東京で活動するPOP PUNKバンドGIRLFRIENDのI HATE SMOKEからリリースされた単独作から超久々となる6曲入り音源。SONIC SURF CITYの音源を血眼になっていたあの頃に出会いまくったあのSURF POP PUNKが今ここに。ンーパッパ、ウーファッファッコーラスも飛び出し、単音ギターも飛び出し、もう言うこと無し!

1,500円

出たー!FUN SIZEのJamesがボーカル、G-WHIZのKevinがギター、ベースは曲によってG-WHIZのGredとBob、ドラムは曲によってALL/DESCENDENTS/ALLのBillとPOLLENのBob、というCRUZIAN POP PUNKファンはメンツだけで即死級のバンドHIGLEYの音源が遂に出ました!完全CRUZIAN POP PUNKサウンド、随所でFUN SIZEだったりG-WHIZだったりALLだったりのエキスが漏れだしており、拳を突き上げます。

1,500円

インドネシアから大注目のエモ・インディーロックバンドが登場!その名もeleventwelfth!川の流れのような流線ギターに涙腺を刺激する悲壮感。これは!まさに!エモーショナル!!!インストナンバーあり、フィーチャリングで女性ボーカルを迎えている曲もあり、とにかくめちゃくちゃドラマティックです。 「お!eleventwelfthじゃん!買おう!」っていう方はほとんどいないと思いますが、これはぜひ一回試聴ボタンを押してみてください。30秒付近の展開でグッと来たら多分買っちゃうと思います笑

1,500円

ex.BLOCKOのメンバー在籍、UKメロディック第4世代(勝手に命名)の大関格、BEAR TRADEの2ndフルレングスが遂にリリース!LEATHERFACE meets IRON CHICとか言っちゃってもいいですか?多分、世界で初めてこのフレーズ使ったのは私です。Googleで検索しても出てきませんでしたから笑 全12曲なんですが、本当に最初から最後まで一切飽きがこない大傑作ですよ。全メロディックパンクファンは聴いてね!

1,200円

Algernon Cadwalladerの登場によって世界中に飛び火し今の絶賛盛り上がり中のエモリバイバル。Algernon Cadwalladerとともにエモリバイバルブームの火付け役として名を連ねるSNOWINGの完全ディスコグラフィー盤全22曲入り。キラッキラのギターにハイトーンボーカル。まさにエモーティブなサウンドでありながら、現代のエモリバイバルの特徴である熱量のこもったメロディーやシンガロングパートも、全てが最強最高。
| 1 | 2 | 3 | 4 |