カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
<< THISTIME RECORDS >>
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

1,000円

EAGER BEAVER RECORDSからの7インチも最高だったワシントンのDEAD BARSとフロリダのベテランTIM VERSIONのUSツアーに際してリリースされたラフメロディックスプリット。リリースは我らがNO IDEA RECORDS。今作はワンタイムオンリーの300枚プレス。そのうちの80枚をEAGER BEAVER RECORDSリリースとして日本発売!こりゃあ良いですよ!

1,300円

全世界のパワーポップバンドを集結させたオムニバスシリーズの第2弾、全22バンド22曲収録オムニバス。オムニバスというとめんどくさくてあまり聴かなかったり、お目当てのバンドの曲だけ聴いて終り、とか多いんですが、今回はThistimeさんのリリースということで、興味津々で頭から聴いてみると…これが素晴らしいバンドだらけ。

1,389円

2015年7月に来日を果たしたニュージャージーのサーフテイストヘロヘロパワーポップバンドThe Eversons。全曲日本語詩の5曲をぶち込んだ来日記念盤。バカっぽさが滲み出ているタイトル・曲名ですが、実は彼ら凄い人たちなんですからね!

1,580円

LP盤!2010年に結成されたミネアポリスの4人組メロディックパンクバンドTHE RIGHT HEREの13曲入りフルレングス。AGAINST ME!、NATO COLES & THE BLUE DIAMOND BANDなどの影響を受けたフォーキーパンクサウンド、ということですがこれはめちゃくちゃいいですよ。疾走感溢れる大合唱な熱い部分もあり、UKメロディックとどこか共通項があるようなしっとり聴かせる部分もあり、そして何より曲がいい!ずっと聴き続けられるようなキャッチーなサウンドが素晴らしいです。

1,653円

ニュージーランドからパワーポップ!?と話題になったMales。当方もこのバンドを知ってからアナログ盤が45回転180グラム重量盤300枚プレスということで即2枚買いオーダー、「ニュージーランドドルっていくらやねん!」と1人で笑顔で叫んでいたことがつい最近のことに思えます。そんなMalesのアルバムが日本盤でリリース!オリジナルの9曲にボーナストラック3曲を追加した全12曲入り。

1,700円

出だしからハイトーンかつヘナチョコのボーカル、一瞬(2.5秒ほど)森田童子の僕たちの失敗を思い起こさせるメロディー。そこからの鍵盤導入パワーポップサウンド全開の流れ。これを書いている現時点でここまで5枚ほどThistime Recordsリリースのレビューを書いているわけですが、もうThistime Recordsさんの好きなサウンドは完全に把握しました(笑)

1,700円

栃木・宇都宮のシンセパワーポップバンドCALENDARの2ndミニアルバム。全8曲入り。TATTLE TALES好きな人なら一発好きになるでしょう。この音源のレビューに関しては、Holiday Recordsさんが超素晴らしいものを書いてらっしゃるので、もはや何も浮かんできません。Holidayさんのレビューへのリンクは本文中に。

1,700円

ポップパンクの聖地ニュージャージー。NJってポップパンクバンドとBLISTERSしかいないと思っていたのですが、こんな素敵なバンドも居たのです!NJの4人組ヘロヘロ・パワーポップパンクバンドTHE EVERSONSのデビュー作日本盤19曲入りアルバム。夏の淡い恋物語を1枚のアルバムで表現しています。このくそ熱い猛暑も故意があれば楽勝で乗り越えられます!さあ!さあ!

1,750円

MIKE TVの2ndアルバム。全18曲入り2014年策。1stでは「俺達、GREEN DAYっぽいでしょ?」って感じのサウンドでしたが、この2ndアルバムでは「ほら!俺たちがUKのGREEN DAYことMIKE TVだぜ!」と言わんばかりの突き抜け具合で爽快感に溢れています。

1,750円

Tattle Tales〜Short Attention〜Candy Heartsと渡り歩いたニューヨークの天才メロディーメーカー、クリスチャンが帰ってきた!バンドクラッシャーという異名も付いたかわいそうなもっさいデブ、クリスチャンが辿り着いたのはソロプロジェクトでした。そんなFEELSのデビュー作となる8曲入り音源。

1,800円

再生ボタンを押すと日曜日の朝のパンとコーヒーの香りに包まれたダイニングで春の爽やかな風が白いカーテンレースを揺らすかのような優しいサウンドがそこに。正直ジャケット見てASKAじゃねえかと思いながら1曲目聴いた時素晴らし過ぎて鳥肌立ちました。そしてPVみて、やっぱりASKAっぽいなと思いました(笑)

1,800円

BLINK-182なんかの王道メロコアをスローダウンさせてボーカルにエフェクトかけてシンセを入れてかわいいコーラスをタイミング良くインサート。ついでに8ビットピコピコサウンドまで入れたと思ったらまさかのヒップホップよろしくラップスタイル。うーん、これは反則でしょう。売れ線要員を隅々まで配置した完全布陣、めくるめく頭脳戦。さすがにやり過ぎだろ!と突っ込みたくもなりますが、やっぱりいいもんはいいですよ。
| 1 | 2 |
前のページ | 次のページ