カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


メルマガ登録・解除はこちら
CD
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

1,650円

サッドメロディック飛沫の嵐を巻き起こし、びしょ濡れ感染者を激増させ、社会問題になっているSLUGGER MACHINEの1stフルレングス。レビューいっぱい書きました。関係ないことを。

1,180円

CD盤。SPレコーズ的2021年最高の出逢いであるDAYS N DAZE(デイズンデイズ)の2017年作。 2017年にAll We've Got Recordsからリリースされ廃盤となっていた今作が 2021年にFlail Recordsから超待望の再発!待ってた、待ってたよ!!!!

1,000円

3曲(+スキット2曲)のCDと40ページのZINE付属の新作。 そこにあるのは、いい意味で何も変わらない私の大好きなアルカシルカ。 何も変わらないと言っても本質的なところは変わっていなくても、目に見える部分は変わっているところもあります。今作も紛れもないアルカシルカの素晴らしい作品。 楽曲、歌詞、読み物、アートワーク、質感。 全てでアルカシルカを感じましょう。

1,320円

日本ではもうお馴染みインドネシアのPOP PUNKキングSATURDAY NIGHT KARAOKE(以下SNK) 活動歴は10年くらいになる彼らが遂に初のアナログ作品をリリース! Bloated Kat(US)、Monster Zero(Europe)、Quickening(Indonesia)、Waterslide&SP(Japan)という胸熱な共同リリース作品。

1,320円

ひと昔前はコンピレーションアルバムというのは新しいバンドを見つけるために必要不可欠なものでした。 私自身、コンピレーションアルバムへの情熱が薄らいでいた昨今、これはいい!!と思えるコンピレーションアルバムに出逢った2021年夏。

1,650円

みんな大好きPiGGiESが3人になっての初単独作品が遂にリリース! 今作よりバンド初となるドラムのあっちゃん作曲の曲が収録されており、新しくも変わらないいつも最高なピギーズがここに。 ピギーズらしい、曲ごとに表情が変わりつつも根っこは変わらない珠玉の6曲入り。 この作品がEPなのかシングルなのかミニアルバムなのか、 そんなこと心からどうでもよくなる大名作。

1,650円

VA - Sunnu Holiday For...の一発目を飾り、全ショボ女の子ボーカルファンの度肝を抜いた女の子3人組UPSTAIRSの唯一の単独音源は8曲入りミニアルバム。 イヤでもPENETRATESを思い起こさせるショボくて早いPOP PUNKサウンド、英語の曲だけではなくスペイン語の曲もあり、時折顔を見せる胸をえぐるような切ない哀愁、そして棒立ちのライブパフォーマンスが想像できるという、彼女たちを表現する日本語の漢字2文字はまがうことなく「最高」であることでしょう。

1,650円

再生ボタンを押した瞬間からスピーカーから溢れ出る常夏感、SONIC SURF CITYに夢中になっていたあの頃を思い出させてくれます。 100人が聴いたら100人がPOP PUNKと答えるであろうそのサウンドは無敵、マキコさんのキュート過ぎるボーカルとキーボードがまたいいんですよ。 国内ならWIMPY’SやPIGGIES、海外ならSONIC SURF CITYやPSYCHOTIC YOUTHが好きな人なら間違い無し!

1,100円

2014年に来日ツアーも果たしたスペインのLA LA LOVE YOU。 2008年に1stアルバムでそのダントツのパワーポップパンクサウンドで全POP PUNKファンを虜にし、2013年にリリースされた2ndアルバムがこちら。前作は圧倒的バブルガムキャンディーPOWER POP PUNKの宝箱状態だったのですが、今作はその宝箱を脇に携え、さらにパワーアップ!! メロディック(メロコア)な要素を要所に追加し個人的に大好きな方向に突き進むラララブユー! 大名作!!!

1,100円

短編コラム 「キラキラ輝くピーナッズとただただ見守る私」 掲載中。

1,080円

CD盤。みんな大好きBEATNIK TERMITES、なんと18年ぶりのニューアルバムがリリース! ドキドキワクワクしながら再生ボタンをした瞬間、 そこには18年の月日を感じさせない、(いい意味で)全く変わっていないビートニクのサウンドがあります。 ここまで(いい意味で)期待を裏切らないバンドがいたでしょうか。 往年のサーフ・ポップパンクと18年経ったのに相変わらず女の子のことばっかり歌っている 全くブレないビートニクのこの夏にドンズバな最高の1枚。

1,380円

Crackle! Records復活!復活第一弾はまさかまさかのBaby Silverskinsのディスコグラフィー!一体誰が喜ぶというのだろうか。私が喜びます。歴史が動く大名盤ここに誕生。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... |
前のページ | 次のページ