カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

  


SP Records information

メルマガ登録・解除はこちら
レコード 【12inch】
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

1,980円

日本国内に生息する4人(当社調べ)のBalloon Flightsファン、 そして全国の哀愁サッドメロディックパンクファンに贈る、 スペインの哀愁メロディックバンドBalloon Flightsの2ndフルレングスアルバム。

2,180円

スペインPOP PUNKの立役者、SHOCK TREATMENTの1993年リリース記念すべき1stアルバムが遂にアナログリイシュー! 文句なしの一等賞。オリジナル盤より音良くなってるので、持っていない人はもちろん、持っている人も確保するべき1枚。 500枚プレス。

1,780円

DOWN AND OUTSの2018年リリース、目下最新作の5thアルバム。 これを引っ提げて彼らは日本にやってきました。1曲目から「アストーリアッ!!」と大合唱確実のピュアなパンクロック。全パンクファン必聴。300枚プレス。

1,580円

DOWN AND OUTSの2013年にリリースされた4thアルバム。1stの頃から一貫して変わらないピュアパンクロックで涙がちょちょギレます。大名曲"What You See"はこれに収録。 300枚プレス。

1,580円

DOWN AND OUTSの2013年にリリースされた3rdアルバム。アナログ盤はCD盤とジャケ違いです。 個人的に一番好きな1枚。何周でも聴けちゃいます。 シンガロングが止まらないピュアパンクロック!! アナログ盤はレーベルラストストックです。300枚プレス。

1,000円

久々となる2ndアルバム12曲入り。もうとんでもない大名盤を作り上げてくれました。最高、最強、滑り込みで2011年ベスト。「TIN ARMORの有効成分の90%は優しさで出来ています」

1,500円

GRACE〜TAMI〜MY WIBNTER JANE〜THE HAPPENINGの吉田香織さんと、フランスのメンバーという世にも不思議な4人組、PINKU SAIDO。2017年8月の日本ツアーののちょっと前にリリースされた全7曲入り1stフルレングス。 ほんとめちゃくちゃ最高なんで手に入る時に手に入れておいてください。PINKU SAIDO、今までの吉田さんのバンドの中で一番好きです。

1,580円

ex.SAD DAYS INDEED!SAD DAYS INDEEDはモロUKメロディックでしたが、POLITE FORCEはグランジに傾倒しており、SDIを期待するとずっこけます。この感じ...前にどこかで体験したことがある...。そう、REVERSEですよ。まさにREVERSEの"Changing Ghosts"のような感じです。キラリと光るメロディーもあったりで、完全無視はヤバい。とにかくex.SAD DAYS INDEEDってだけでヤバい。

1,980円

NO IDEAからの何枚かの7インチ、EAGER BEAVERからも単独7インチをリリースしていたDEAD BARSの待望の待望となるフルレングスアルバムが遂にリリース!全8曲入り、NO IDEAとEAGER BEAVERの共同リリース。 再生ボタンを押した瞬間、オフコースよろしくのセンチメンタルなピアノのインストナンバーで速攻涙ちょちょ切れます。いきなりこれは反則!笑 優しくも力強く、大空に羽ばたきたくなるくらいの素晴らしいサウンド。これは今後頻繁に聴いてしまいますね。名作!!

1,680円

ウィスコンシンのラフメロディックパンクバンドARMS ALOFTの2ndアルバム。ギラギラしながら、決して暑苦しくなくキラキラしており、それに乗っかる渋いしゃがれおじさんボーカル。聴く人に元気を与えるパワフルラフメロディックサウンド。 DILLINGER FOURからIRON CHICまで。その辺のサウンドが好きな人は間違いないっす。9曲目なんてDEAR LANDLORDよろしくです。めちゃ良いですよ!

2,080円

2003年からマイペースに活動するフロリダの男女混成フォークパンクWHISKEY & CO.の4thアルバム。全10曲入り。 再生ボタンを押しただけで、針をとしただけで、すぐに目の前にはヤシの実木が整然と並ぶ夕暮れのビーチ。オレンジ色の夕陽をバックに、大好きなあの子がシルエットだけで見える。ただこうして一緒にいるだけで幸せだな...。そうしみじみと感じる時、バックに流れているのはWHISKEY & CO.のこのアルバムでしょう。

2,700円

アナログ盤リリース!みんな大好きラーナーズの待望の2ndフルレングスアルバム。1stアルバムからこのアルバムまでの間のリリースの具合や、KEN YOKOYAMAがTシャツを着ていて話題になったりするところだとか、もはや神風吹きまくりですね。もちろんサウンドが最高だからこそこんなことになるんですけれども! 今作も再生ボタンを押した瞬間に溜息が出るくらいの出来栄え。もうね、ズルイ!笑 全音楽ファン必聴。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... |
前のページ | 次のページ